NEWS FROM ASAHI

朝日だより

在宅勤務に係る費用の給与課税(朝日税理士法人だよりVol.192)

2021年03月01日 朝日税理士法人

三密を避け、不要不急の外出を控えることが求められているコロナ禍において、企業に対してもテレワークの実施率アップが求められています。
しかし、そこには様々な課題もあります。労務管理の難しさやコミュニケーションロス、情報セキュリティの不安などの他、自宅を仕事場とするための費用を会社が支給する場合のルール化も必要かもしれません。
会社がテレワークに必要と認められる在宅勤務費用等を支払った場合は、当然に会社の経費になりますが、同時に給与課税(従業員に対する給与として所得税や住民税が課税)とされる場合があります。
令和3年1月に国税庁から「在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQ」が公表されましたので、ポイントを抑えておきましょう。

 

 

右の画像をクリックして参照願います。

カテゴリー

月別アーカイブ

CONTACT

お問い合わせ

気になる事やご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください

ページトップへ