NEWS FROM ASAHI

朝日だより

行方不明者がいるとき

2020年04月01日 朝日税理士法人だより 資産税版

相続が発生した時、亡くなった被相続人の財産を相続人で分割する必要がありますが、もし相続人の中に所在不明で音信不通の者。すなわち行方不明者がいたらどうなるでしょうか?
今回の特集では、相続人の中に行方不明者がいる場合の対応策をご説明致します。具体的には下記の4項目になります。

1.音信不通者への連絡
2.不在者財産管理人
3.予納金
4.相続財産の仮払い制度

カテゴリー

月別アーカイブ

CONTACT

お問い合わせ

気になる事やご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください

ページトップへ