BLOG

朝日税理士法人のブログを掲載します。

◆ 来年から給与から引ける控除額が減る!! ◆

2019年12月9日 BLOG

Q:来年から、給与から引ける控除額が減るってホントなの?
A:うん・・でも、基礎控除はその分あがるんだ・・でもね・・
****************************************
【サラリーマンの控除できる経費が下がる?】

■後輩:「大変だぁ、大変だぁ」
■先輩:「こら・・何を慌ててんだ」
■後輩:「だって、先輩!来年から税金上の計算で、サラリーマンの控除できる経費が
                10万円も下がってしまうって・・ことらしいです」
■先輩:「あー『給与所得控除額』の減額のことだな」
■後輩:「先輩・・その『きゅうよしょとくこうじょがく』って何なんですか」
■先輩:「ほら、さっきお前が言ってた『税金の計算上においてサラリーマン・・
                つまり勤労者の控除できる経費』のことだよ」「この金額が、来年から10万円
                減るんだよ」
■後輩:「そーなると、サラリーマンは増税になってしまうんでしょうか」
■先輩:「それなら心配は無い」
■後輩:「えっ!何でですか?」

【でも(一先ず)大丈夫?】
■先輩:「それはなぁ・・別の控除額をその分、上げるからだよ」
■後輩:「何を上げるんですか」
■先輩:「基礎控除というモノを+10万円上げて、所得税については48万円控除とし、
                住民税については45万円にするんだよ」
■後輩:「そっか!それなら、給与所得控除額が▲10万円となっても、基礎控除で
                その分挽回(+10万円)するから、結果として+▲0万円ですね・・・
                あーよかった」

【ちっとも良くないぞ】
■先輩:「お前は、それでイイかもしれんが、俺のような『高級取り』はチョット
               困るんだ」
■後輩:「えっ!先輩の給与ってそんなに凄いんですか」
■先輩:「えっ・・・まーぁ・・それなりの仕事と責任があるからな・・・」
     「それは、それとして・・・『高級取り』にはちっとも良くないんだ」
■後輩:「でも、誰でも給与所得控除額が▲10万円になる代わりに、基礎控除額が
               +10万円になるんでしょ」
■先輩:「そうとも限らないんだ・・」
                「給与所得控除額は、最低65万円で、給与の額が増えるに応じて上がって
                 いくんだけど、青天井では無くて、年収1000万円を超えると、どんなに
                 給与が増えても220万円のままなんだ」
               「これが、来年からは、年収の上限が1000万円から150万円引き下がって
                850万円となってしまい、控除額は195万円になってしまうんだ」
              「だから基礎控除が+10万円になっても、全体の控除額は減ってしまうんだ」
■後輩:「うーん・・先輩、俺・・あまり頭良くないから・・何か具体例で説明して
               くれませんか」
■先輩:「わかった、これを見てくれ」
年収:900万円の場合の給与所得控除額
  ・これまで:210万円
 ・来年から:195万円
 ・15万円も下がる
年収:1000万円の場合の給与所得控除額
  ・これまで:220万円
 ・来年から:195万円
 ・25万円も下がる。
基礎控除が+10万円になっても、年収900万円の場合は5万円、年収1000万円の
場合は15万円も(給与所得控除額と基礎控除額と併せて)下がってしまうんだ。
■後輩:「そっか・・給与所得控除額の上限が抑えられてしまうので、基礎控除が
               +10万円になっても、高級取りの人は控除額全体が下がってしまうんだ・・
               先輩は大変だ・・・」

【それだけでは無い】
■先輩:「それだけでは無いんだ」
               「実は、折角+10万円になった基礎控除も、高額所得者については、下がって
               しまって、最後には0になる場合もあるんだ」
■後輩:「えっ!・・基礎控除も・・?」
               「基礎控除って・・どんな人だって公平にある控除額だったはずですよね」
■先輩:「これまではな・・でも、来年からそうじゃ無くなるんだ」
               「所得金額が2400万円をこえると、基礎控除額は、所得金額に応じて少しずつ
                減っていき、2500万円を超えると0になってしまうんだ」
■後輩:「2500万円の所得って、相当の額だけど・・それでも0円というのは厳しいですね」

【でもね・・】
■先輩:「ただ、これじゃあまりにも厳しいんで、次のような措置を設けているんだ」
               ・本人が特別障害者である場合
               ・23歳未満の扶養親族が居る場合
               ・特別障害者である同一生計配偶者、あるいは扶養親族がいる場合
                   このような場合は、一定の+αの控除額『所得金額調整控除』を控除することが
                    出来る。
■後輩:「そっか・・一定の事情があって、教育費や家計費がかかるようなケースは
               考慮してくれるんですね」
■先輩:「そうなんだ・・でも、高給取りには厳しい税制になることには変わらないな」
■後輩:「でっ・・先輩は給与、幾ら貰ってるんですか・・そんなに貰っているんなら、
               たまにはかわいい後輩におごってくださいよ」
■先輩:「そーしたいんだが、来年から増税だから、節約・節約・・・」

(文責:代表社員税理士 小竹 勝)

カテゴリー

月別アーカイブ

CONTACT

お問い合わせ

気になる事やご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください

ページトップへ